窓ガラスと鍵は切っても切れない存在

window_key
近年の空き巣の侵入手口に多いとされるのが、窓ガラスを割って侵入する手口になります。どうしてそのような傾向になったのかと申しますと、2000年頃にピッキング犯罪が連日ニュースで取り上げられるようになったために、各錠前メーカーにおいても、その威信に掛けてピッキングに強い錠前の開発を進めたのです。その結果今日では、ディンプルシリンダー錠といわれるピッキングに最も強いとされる錠前が、市場に出回るようになってきました。従ってその錠前の前には、どんな空き巣であっても屈せざるを得ないというのが現状のようです。

ところが空き巣にとっても、生活が掛かっているために侵入手口の開発には余念がありません。そうしして今日では、玄関がダメならお風呂やリビングの窓ガラスという考え方が空き巣の中でも芽生えたのでしょうね。そうした経緯もあって空き巣がお家へ侵入する際に、その手口の半数以上を占めているのがガラス割りともいわれています。その上、窓ガラスに本来取り付けてあるクレセント錠について申し上げると、その付近のガラスさえ割れば簡単に家に侵入することが可能となります。そうしたことから、窓ガラスにはクレセント錠以外に補助錠というものを取り付ける必要があるのです。この補助錠なくして、空き巣の侵入を阻むことは難しいといえるでしょうね。

そうしたことから、今日の防犯という点について考えてみた場合、窓ガラスと鍵は切っても切れない存在であるということができるでしょうね。